MENU

毛を作る幹細胞の老化が薄毛の原因!西村栄美教授が発見!

薄毛の原因は様々なことが考えられますが、東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究グループが幹細胞の老化が薄毛の原因になっているという研究結果を発表しました。ここでは加齢による薄毛や脱毛の仕組みについて説明していきます。
毛1

【加齢とともに幹細胞は老化する】

年をとると薄毛や脱毛が進行する原因の1つは、幹細胞が老化してしまい、若い頃のように維持できなくなるため、フケや垢と一緒に幹細胞が皮膚表面から脱落していくことによって起こるということが分かってきています。幹細胞が老化すると毛を生やす毛包が徐々にミニチュア化してしまうため、薄毛や脱毛が起こってしまうのです。
また幹細胞には組織・老化プログラムが存在し、年を取ると毛包幹細胞ではDNAのダメージが蓄積します。すると幹細胞を維持するために必要なたんぱく質の分解が起こり、毛包は徐々に小さくなってしまうでしょう。さらにマウスの毛包幹細胞ではコラーゲンの減少を抑制すると加齢変化を抑制できるということも研究結果から分かっています。

 

【西村栄美教授らの研究チームによる加齢による薄毛・脱毛の仕組みの研究の背景とは?!】

人間の臓器は加齢によって次第に小さくなって、機能自体も低下すると言われています。皮膚も加齢によって薄くなり、毛の太さも細くなっていくため年をとると髪にボリュームがなくなるのです。脱毛や薄毛に関する仕組みは古くから様々な説が提唱されてきましたが、実際には生体内で何が起こっているのか?どのような変化が起こっているのか?などは分かっていませんでした。そこで西村栄美教授らの研究チームは、マウスが加齢によって薄毛になることに着目をして、マウスの毛包幹細胞の生体内での運命を追跡することになりました。

 

【加齢による薄毛・脱毛の仕組みが明らかになるとどうなる?!】

東京医科歯科大学の西村栄美教授らの研究チームによって加齢による薄毛・脱毛の仕組みが明らかになったころで加齢に伴う脱毛症や加齢関連の疾患の病態の解明や、新規治療法の開発への応用にも役立つと言われています。
東京医科歯科大学

 

 

今の育毛トレンドは育毛剤

老化が薄毛の原因とわかってもそれがすぐに使えるかというとそうでもない。

 

これを一般の人が使えるレベルに落としこむには10年単位の動きが必要となる。

 

そんないつできるかもしれない特効薬を探すより、薄毛で悩んでいる人はまずは育毛剤で薄毛治療をしたほうがいいでしょう。
実際に育毛剤を使って効果を実感した人は多数います。みんな恥ずかしがってなかなか声に出せないでいるが、実際はかなりの人数が薄毛で悩み育毛剤を購入したでしょう。

 

どんな育毛剤が人気

市販でよく販売されているのはリアップやモウガといった育毛剤です。1つで6000〜8000円する育毛剤もざらにあります。
しかしネットで格安などを探すとチャップアップやブブカ、ポリピュアEXなどの育毛剤が人気と書いています。しかもチャップアップやブブカは育毛サプリメントと育毛シャンプーを一緒について9090円といった超低価格になっています。
これはリアップやモウガよりも品質的に劣るのでは??と考えてしまいがちですが、成分の配合量などは大きくは変わりません。

 

違いはCMを使って広告をしているどうかが大きな違いです。

 

つまりチャップアップやブブカなどの育毛剤を使ってもリアップと同じぐらいの効果が得られるのです。
いますぐ薄毛を改善したい人は西村栄美教授の発見を期待するのでは無く、すでに存在する育毛剤に注目して下さい

 

薄毛の対策には普段の生活だけでなくシャンプーなどの生活用品の見直しも大事

ここまで薄毛の原因について紹介してきましたが、ここからは薄毛の予防対策について紹介します。
薄毛の予防対策として一番有名なのがアンファーのスカルプDです。
芸人の宮迫さんなどを使った広告アピールをして見事に育毛シャンプーのシェアを掴みましたね。

 

実際にスカルプDで育毛をしていた宮迫さんの髪の毛も薄毛からどんどんと髪の毛が増えてきていまではすごい男前芸人になりましたね。

 

そんな風に薄毛の対策&改善としてやはりシャンプー選びを欠かしてはいけません。
私のおすすめシャンプーとしては、
スカルプD
セグレタ
チャップアップシャンプーです。
この3つがあなたの頭皮にあえばきっと今の薄毛は改善できると思います。